Data?1471516464

Male Takashi

Kawagoe, Saitama

Fb_verified

Profile

Language:


はじめまして! 
「寿司屋のあねやん」 こと
 姉崎隆と申します。

◆私のミッション:
1.「寿司を日本の真のソウルフードに!」
 「寿司」日本を代表する食文化のひとつです。

 しかし、世にあふれる寿司は本当に
 「文化」と呼べるようなものでしょうか??

 機械で成型したシャリに、ただネタを乗せるだけ…
 そこに、文化の担い手としての「人」は
 どのようにかかわっているでしょうか。

 一部の人しか楽しむことができなかった寿司を、
 誰もが寿司を楽しめるようにしたという点では、
 回転寿司や宅配・テイクアウト寿司の功績は
 非常に大きいと思います。
 私自身、15年以上も寿司業界に身を置き、
 その一端を担った自負があります。

 しかし、業界全体としては、間違った方向に
 進んできてしまっているのではないでしょうか。

 私の夢は、寿司が日本の真のソウルフード
 として、言ってみれば
 「誰もが手作りの寿司の美味しさを知っている」
 そんなポジションを確立することです。

 人が作る「手作りの美味しい寿司」が、
 日本の文化となるべく、日々活動しています。 



2.「すべての人が、自分らしい人生を送る
  社会の実現」

 私にとって、自分らしい人生の第一歩は
 「寿司職人」としての道でした。
 しかし、教育担当として仕事をする中で、
 本当にやりたい仕事ではないのに、
 仕方なく入社する・・・そんな人生の選択をし、
 心や体を壊したりする後輩を見るにつけ
 「どうして自分の思い通りの人生を
  歩めないのだろう??」
 そう思うようになりました。

 そして、悩んだすえに行き着いたのが
 「コーチング」。

 寿司を通じて、もっと多くの人の人生を
 豊かにしたい
 コーチングを通じて、もっと多くの人が
 「自分らしい人生」を送るお手伝いを
 したい・・・
 そんな思いで、日々活動しています。



◆プロフィール
 1998年、立教大学文学部史学科卒。
 学生時代の寿司屋のアルバイト経験から、
 「寿司という日本固有の食文化を通じて
 人と人がつながり合う」
 そんな寿司屋の魅力を体感し、職人の道を選ぶ。

 周囲の大反対の中、まだ小規模であった
 某寿司チェーン店に入社。
 「1日も早く技術を身につけたい」という
 思いから、
 時間のかかる個人店・名店ではなく、
 当時勢いのあったグルメ回転寿司店を
 選んだ。

 約1年で寿司の基本技術を修得、
 寿司未経験者としては最短の2年3ヶ月で
 店長に就任。

 しかし、職人・店長としての経験不足から、
 気むずかしい職人たちとの接し方に悩んだ挙句、
 一時はノイローゼ状態にまで陥った。

 苦悩の中でコミュニケーション力を磨き復活し、
 最優秀社員・優秀店長などのタイトルを獲得。

 7年間の店舗勤務のあと、
 新規オープン5店舗の立ち上げを成功させ、
 企画部長、人事部長などの本部職を歴任。

 教育担当として600名以上の社員に
 寿司の技術、目標管理手法などを教え、
 社内研修制度の確立に尽力。

 学校法人とのコラボレーション事業の
 中核として、
 寿司職人を輩出する寿司学校の設立に携わる。

 2013年、「出張寿司職人」として独立。
 握りたての寿司の美味しさを伝えるべく、
 日々活動を展開している。

メルマガ:
https://www.agentmail.jp/form/pg/512/1/

ブログ:
http://ameblo.jp/anezakitakashi/


Copyright© Donuts Bangkok, co. ltd. All rights Reserved.